2014年12月24日水曜日

外食の裏事情①

Merry Christmas! クリスマス、どう過ごしていますか?
 このブログを真剣に読み過ぎてしまうと、クリスマスケーキの生クリームやフライドチキンなど、どれも気になってしまいます。が、それはそれ。
 大事なのは、日常しっかりと体の健康を考える習慣をつけることです。イベントは心から楽しまないと面白くありません。心から楽しむというのも、また免疫を引き上げる秘訣です。

 一昨日アップした写真はどうも見にくかったので、もう1回別の角度で撮ってみました。それほど高性能なカメラを持っていないので、ややボヤけていますが・・・。


ピアノ教室の生徒さんは、とても喜んでくれているようです。
これは、ちょっとした冬の楽しみになりそうです。


 ブログ本題に戻ります。
 私がハンバーガーチェーンにいたこともあって、フライドポテトやフライドチキンばかりが話題になりましたが、外食・中食で気をつけなければいけないのは、それだけではありません。
 てんぷら、唐揚げ、魚やエビのフライ、コロッケ、とんかつ、串あげ、かきあげ、などの油にも要注意です。スーパーの売場に並べられている総菜の揚げ物は論外です。酸化している可能性が高い油で揚げたものを、さらに空気にさらし続けているのですから。

 ところで、ファフトフードや各種レストラン、または持ち帰り弁当、コンビニ弁当のメニューをじっくりと眺めたことがありますか? 私も、こういう勉強をする以前はとくに何も感じませんでした。
 今あらためて見てみると、その揚げ物の多さに驚きます。試しに10分あるのなら、インターネットで調べて見るとよいでしょう。その事実を確認できるはずです。
 いったい、なぜこれほどまでに外食・中食には揚げ物が多いのでしょうか。
(次回につづく)

 

1 件のコメント:

  1. とても素敵なお宅ですよね。夜のイルミネーションもきれいですが、明るい時間帯に下の坂道から見た眺めもgood!ブーゲンビレアでできたアーチの門はおしゃれで憧れですよ^^

    返信削除