2014年11月21日金曜日

久家本家・茅乃家だし

 おはようございます。福岡から戻り、また沖縄からのブログです。 
 九州では、11月中旬ということもあって、行く道々で紅葉を見ることができました。3年ぶりです。


 ただ、地元の人の話だと、この秋は冷え込みがゆるやかで、紅葉の色付きも今一つだということ。
 じっさいに、ジャケットを持ってはいきましたが、使う場面はないほどの陽気でした。
 やはり紅葉は寒い地方のほうがよろしいようで。


 さて、前回紹介した久家本家・茅乃家だしです。普通に通販でも購入できますが、送料節約のために、バッグに詰めて持ち帰りました。


 素材は、焼きあごのほか、かつお節、真昆布、うるめいわし、天草灘の海塩。上質なものだけを厳選しています。
 もちろん、家庭でだしをとることが大切なのですが、時間がないときには大いに助かります。





 福岡みやげといえば、まず思いつくのは明太子でしょう。博多が全国に誇る名物の一つですからね。
 けれども、私は明太子をめったに買いません。買わない理由があります。それは、また添加物のシリーズに入ったら説明します。


 明日はセミナーです。テーマは「腸内環境」。
 腸内環境は、病気にならないカギであり、老化を遅らせるカギであり、お肌を美しく保つカギでもあります。
 お時間のある方は、ぜひお越しください。
  

0 件のコメント:

コメントを投稿