2014年9月18日木曜日

魚④(有害ミネラル検査)

 おはようございます。今朝、朝食を食べていると、窓の外から久しぶりに小鳥のさえずりが聞こえてきました。ここ数日間は、猛暑のぶり返しと風の吹かない日々が続いていました。秋の訪れが待ち遠しかったのですが、ようやくその暑さも緩んできたということなのでしょうか。

 1回飛びましたが、有害ミネラルの補足をして、魚の話はひとまず終わります。水銀以外の有害ミネラルについても、簡単に触れておきます。

[ カドミウム ] たばこや水道水に含まれ、蓄積すると高血圧や腎臓障害の原因になります。

[ アルミニウム ] アルミホイルやアルミ製の鍋や食器、一部の胃腸薬や歯磨き粉、脱臭剤に含まれます。蓄積すると、記憶障害や筋肉硬直につながります。

[ 鉛 ] 排気ガスや一部の白髪染め、缶詰などに含まれます。蓄積すると疲労感や貧血、うつの原因になります。

[ ヒ素 ] 農薬、殺虫剤などに含まれます。蓄積すると嘔吐や下痢、便秘、手足のしびれを引き起こします。

 ところで、前々回の最後のほうで「マグロをよく食べる人は、検査をすると例外なく(水銀は)高い数値になります」と書きました。水銀をはじめとする有害ミネラルの蓄積量は、毛髪ミネラル検査や尿中検査で調べることが可能です
 
 このうち毛髪ミネラル検査は、排泄能力が低い人は結果として有害ミネラルが出てこない、という欠点があります。数値が低くても、すなわち有害ミネラルがないとは言い切れません。
 体内の蓄積量を診るという点では、尿中検査の方がよいでしょう。ただし、検査料はそれなりに高額で、相場は3万円代くらいになります。
 また、両者ともに結果がでるのに時間が掛かります(2週間以上)。毛髪や尿をアメリカに送るからです。予算や時間などから、なかなか身近な検査とはいえませんでした。

 そこに登場したのが、オリゴスキャンという検査です。昨年春、日本に上陸したばかりです。オリゴスキャンは、ハンディタイプの機械を手のひら4か所に当てるだけ。わずか2分間で、有害ミネラル14元素と必須ミネラル+参考ミネラル20元素を精緻に測定します。その手軽さと素早さから、オリゴスキャン検査を実施するクリニックが急速に増えています。
 ただ、関係者から聞いた話だと、オリゴスキャンで測定する水銀の量については、それほど正確なものではなく、あくまでも参考程度ということです。

 料金については、始まったばかりなのか、まだ相場が形成されていないようです。短時間でネットで調べたところ、最安値で9,800円、最高値で3万円代と、かなりのバラつきがあります。
 お近くで、なおかつリーズナブルな料金であれば、試してみる価値はあるかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿