2014年7月16日水曜日

アミノ酸のバランス④

 おはようございます。今日は、台湾から2名のお客様が来院されるようです。「はるばる台湾から!?」と一瞬思いましたが、冷静に考えてみると、台北であれば鹿児島と同じ距離ですね。しかも、最近は航空チケットも安くなっているし・・・。
 安いチケットといえば、LCC・格安航空会社のピーチが、今週末から沖縄-福岡便を飛ばすそうです。最安値は片道4290円!! 福岡および近県の方、ぜひ気軽にお越しください。

 プロテインスコアの話、もう少し付け加えて終わりにします。
 タンパク食品のプロテインスコアは、パーフェクトの100もあれば、当然100未満もあります。プロテインスコアの数値は、少し意外ですが、9種類の必須アミノ酸のただひとつで決まります。体内の必須アミノ酸の比率に対して、もっとも少ないアミノ酸の、必要量に対する割合で決まります

 たとえば、ある必須アミノ酸が必要量に対して半分しかない場合、その食品のプロテインスコアは50になります。たとえ他の8つが100%充足されていても、それとは関係なくプロテインスコアは50です。プロテインスコア50といっても、すべてのアミノ酸が半分程度しかない、ということではありません。このことが、あとで重要になりますので、ぜひ覚えておいてください。

 非必須アミノ酸についても触れておきましょう。7月9日付けブログで説明したように、”非必須”とは体内で合成可能なので「食事から摂らなくてもすぐには欠乏しない」という意味です。額面通りに「必要がない」とか「アミノ酸として重要でない」ということでは決してありません。
 また、「食事から摂らなくてもすぐには欠乏しない」ということは、「食事から摂る必要がない」と同義語でもありません。

 非必須アミノ酸は、合成可能ゆえに、食事内容との関連が薄くなってしまいがちです。しかし、合成可能とはいっても、その材料は必要です。非必須アミノ酸のなかには、その材料が必須アミノ酸であるものも、いくつかあります。非必須アミノ酸を食事からまったく摂らなければ、その分の材料として必須アミノ酸が使われてしまいます。
 その状況では、プロテインスコアを意識して必須アミノ酸を摂っても、体内のアミノ酸バランスが崩れてしまいます。

 やはり、非必須アミノ酸も、食物からの摂取に気を使う必要がありそうです

 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿